親会社 BayWa r.e. renewable energy GmbH

変わり続ける世界で唯一確かなもの


未来は再生可能エネルギーに依存しますが、エネルギー市場自体が絶え間なく変化しています。弊社は、現在も将来も、お客様の側で信頼のおけるパートナーとして、お客様の計画を効果的に支援します。
太陽光エネルギー、風力、バイオエネルギーに関連した、革新的でカスタマイズされたソリューションに関するアドバイスとサポートを提供します。
2009年の設立以来、弊社は、ドイツ、その他の欧州各国、および米国、東南アジア、日本において最も評価の高い太陽光発電所のプロジェクトディベロッパーおよびシステムサプライヤーの1つに成長しました。また、コンサルテーションサービスやシステム管理サービスなどの追加の支援も提供しています。

様々な再生可能エネルギー技術を専門としており、多くの国で事業を展開しています。

現在、ドイツ、ヨーロッパ、北米、東南アジア、日本に営業拠点を有しています。お客様との連携により、弊社はすでに1ギガワット以上を配電しており、現在では同セクターにおいて欧州の主要なサプライヤーの1つとなっています。弊社は、再生可能エネルギーの利用を世界的規模で促進することを大きな目標としております。
弊社は、企業規模、世界的な販売網、BayWa AGからの財政支援に加え、各事業セクターの幅広い専門知識により、弊社の大いなる目標を達成するべく邁進して参ります。

r.e.think energy02.jpg

r.e.think energy
弊社をご紹介する動画をご覧ください。

› その他

主要データ:

  • 設立 2009年2月
  • 従業員数 1000人以上(2017年2月現在)
  • 売上高 9.459億ユーロ(2016年)
  • 拠点 ドイツ(本社)、日本、オーストリア、フランス、イタリア、英国、スペイン、スイス、ポーランド、ハンガリー、ルーマニア、デンマーク、東南アジア、北米
  • 事業分野 風力エネルギー、太陽光エネルギー、バイオエネルギー

製品とサービス:

  • プロジェクト開発・実施:プロジェクト開発、ターンキー設置、プロジェクトファイナンス
  • 太陽光発電取引:太陽光発電コンポーネント、設置システム、保管システム、および付属品
  • サポート:技術および商業運転管理、ローター最適化および保守
  • サービス:テクニカルコンサルテーションおよびデューディリジェンス、エンジニアリング、バイオメタン取引、原料管理

東南アジアのBayWa r.e.

東南アジアは約6億2,500万の人口を抱える世界最強の経済成長地域の1つです。この地域はエネルギーおよび再生可能エネルギーの大規模な純輸入地域であるため、将来のエネルギーミックスでエネルギーの安全性を確保するための重要な役割を果たしています。


BayWa r.e.はシンガポールの持ち株会社であり、バンコクの地域オフィスから業務を行っています。現地のチームは、2009年にタイで実施された初の大規模プロジェクトで活躍した、地域で最も経験豊富な再生可能エネルギーチームの1つです。

BayWa r.e.Solar Pte. Ltd.代表取締役:
Daniel Gaefke

BayWa r.e.(Thailand) Co., Ltd.代表取締役:
Daniel Gaefke, Tor Pramoj

日本のBayWa r.e.

日本は、2011年半ばにFITプログラムが導入されて依頼、太陽光発電が最も急速に成長している市場で、累積設備容量は25GWに達しています。


BayWa r.e.は、10~50MWの規模の太陽光発電プロジェクトを積極的に追跡、開発しています。経験豊富なチームは、サイト取得、土地の測量、開発および認可プロセス、また当局およびコミュニティとのコミュニケーション、およびEPCおよびO&Mに携わっています。


BayWa r.e.Japan株式会社代表取締役:
Dr. Benedikt Ortmann, Christof Thannbichler, Masahiro Ito