水力発電の利用

アジア太平洋地域におけるエネルギー容量の拡大。

水力発電によるインドネシアおよび東南アジアの将来保証

潜在的技術力および経済成長に優れたインドネシアを、BayWa r.e. は東南アジアにおける水力発電開発の主要な戦略的市場と位置付けています。同国の電力消費量は、2027 年までにほぼ倍増すると推定されています。

したがってインドネシアは、国家の電力供給の信頼性を確立するために、費用対効果と信頼性の高いエネルギー源を確保しなければなりません。10 年間にわたる電力開発計画 (RUPTL) では、再生可能エネルギー、特に水力発電が、重要な役割を果たすことが期待されています。再生可能エネルギーがエネルギーに占めるシェアは、2025 年までに現在の 12% から合計 23% に増加すると予測されており、そのうち水力発電が 43% を占めると予測されています。インドネシアはこの目標を達成するために、現在設置されている水力発電の容量 5GW に、さらに 8.2GW を追加する予定です。

このことを念頭におき、BayWa r.e. は中小河川に焦点を当てた水力発電所プロジェクトを開発するチームをジャカルタに設立しました。これにより以下の重要な利点がもたらされます。

  • ダムや貯水池が不要なため (大規模な洪水や住民の移動などを避けることができる)、大規模な水力発電プロジェクトと比較して生態系への影響はわずかです。
  • 未開発の潜在電力は全世界で約 220GW - アジアで 120 GW (UNIDO、2016年)
  • 技術・電気面および承認手続きや規制面での他の再生可能エネルギーとの相乗効果 (これらは多くの国で同様であるため)

チーム

ジャカルタにある当社チームは、インドネシアおよびより広範な東南アジア市場における河川水力発電計画の進展および開発に関する豊富な経験を持っています。複数の再生可能エネルギー源およびそれに関連する承認プロセスについて当社は地元で大きな役割を果してきており、かつ豊富な経験を有しているため、統合化された、環境に優しく、経済的に信頼できる開発ソリューションをお客様に提供できます。

内容
    連絡先
    Fallback_Male.jpg
    Bjoern Heidrich
    Country Director Indonesia
    BayWa r.e. Indonesia (PT Bumiraya Suria Abadi)
    REAsia-Giovanni_Banfi-70x70.JPG
    Giovanni Banfi
    Project Manager Hydropower
    BayWa r.e. Indonesia (PT Bumiraya Suria Abadi)
    トップに戻る